テスト:SDGs・環境への取り組み

STARTTSでは環境に配慮した商品開発や独自のサービスでSDGsに貢献するべく取り組んでいます。



より良い商品の開発に役立てる目的で「バッグ下取りサービス」を実施しています。
今後の商品開発に役立てるためお客様のバッグに対する情報をアンケートでお答えいただく代わりに、使わなくなったバッグを下取りすることで「お客様へのサービス」と「ユーザー目線の商品開発」「環境への配慮」を同時に実現する試みです。

下取りしたバッグは社会貢献の一助として認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン様へ寄付し、リユース品として再利用いたします。バッグの状態等によりどうしてもリユースできないものは、環境にやさしい方法で可能な限り 「再資源化」されるよう処分いたします。

環境へ配慮した方法で適正かつ安全に処分いたします。

バッグ下取りサービスでお客様よりお預かりしたバッグをリユースできない場合、資源循環事業・リサイクル事業を行っている株式会社シンシア様へお願いし、環境へ配慮した方法で適正かつ安全に処分いたします。

使わなくなったバッグが、可能な限り再資源化されます。

リサイクルを行う施設では、環境負荷を抑えながら廃棄物を処理し、同時にリサイクルも 可能な設備で再資源化を実現しています。
廃熱による発電を電力として活用するサーマルリサイクルと、焼却後の焼却灰を 溶融して溶融スラグにし、建設資材として活用するマテリアルリサイクル。「2つのリサイクル」で高い再資源化率を維持しています。

お客様の使わなくなったバッグが、「建設資材」「電力」へと生まれ変わります。

お客様にも弊社にも有益な仕組みが、バッグを捨てずに「リユース」&「資源」にする 取り組みへとつながっていく。
この独自の方法が、弊社の「SDGs・環境への取り組み」を形作っています。





 

以前は生産時に検品基準に外れた製品は廃棄していました。
しかし、(2015年9月より)工場の負担や環境負荷も考慮し、廃棄せずに全て工場から買い取り、アウトレット品としてご提供しています。
廃棄を減らす事でお客様へのサービスとして還元し、さらにリユースへとつなげていきます。





 

従来に比べ有害な溶剤とCO2を大幅に削減し、環境に配慮した新製法で作られたポリウレタン素材をバッグに採用しました。
機能的な日本製バッグが環境負荷の軽減にも貢献します。





 

革の裁断で出る廃材をリユースして製品にしました。
廃材の再利用のため革の種類や色は随時変更されますが、製品としての面白さにつながっています。





 

バッグ製品のパーツやキーホルダーなどに、ドイツのFidlockブランドのマグネットバックルを業界初として採用しました。
ユニバーサルデザインのパーツを採用することで、誰でも簡単に使える製品を実現しました。





 

生産の際に余り廃棄予定だった残生地や革の端切れ生地などを、STARTTSの事務所に併設された小さな直営店で格安で販売しています。
廃棄予定の生地をなるべく処分せずお安く提供することでリユースしています。





 

ブラインドボクシングをご存知ですか?
視覚障がいの方でも楽しめるボクシング競技が「ブラインドボクシング」です。
そんなブラインドボクシングを応援する活動にスターツも賛同・協賛しています!
クラウドファンディング「READYFOR」にて目標支援を達成しました。